2007年01月29日

セリエA ACミラン×パルマ


ミラン 1-0 パルマ

<得点者>
76' インザーギ(ミ)


スタメン
GK ジダ
DF オッド、ボネーラ、マルディーニ、ヤンクロフスキ
MF ガットゥーゾ、ピルロ、ブロッキ、セードルフ、カカ
FW ジラルディーノ



この試合にはオッドがいきなりのスタメン。
オッドのことは良く知っているとは言い難いため、非常に注目だった。
そして、予想を越える活躍を見せてくれた。
果敢なオーバーラックを行い、クロスの精度も高かった。
私はカフーの代役として考えていたが、カフー以上の働きだった。
今まで、カフーがいない時のミランの右サイドは死んでいたが、久しぶりにサイド攻撃が効いていて楽しめた。
しかし対象的に、左サイドのヤンクロフスキの攻撃参加が少なかった。
恐らく、オッドへの配慮だったのだと思う。
オッドに思う存分攻撃参加させようとしたのだろう。
実際に、後半は左右のバランスは良くなっていた。

そして、サイド攻撃に活気が出たことにより、中央のスペースが増えていた。
そのため、ピルロの動きが良かった。
非常に嬉しいことである。
だが、カカの調子が良くなかった。
これは復調を願うことしかできないだろう。

FWについて。
やっぱりジラルディーノの1トップが現状のベストだと感じた。
前半途中にブロッキがインザーギと交代してから前線に手詰まり感が出ていた。
もはや、ジラピッポがなくなるならロナウドは大歓迎だ。

そして、得点のシーンは私が好むパターン。
ボールを奪ってすぐに前線にボールを渡すかドリブルして、そのままゴールというパターン。
いわゆるカウンター。
バルセロナのように何度もパスを渡しながらゴールの方が面白いかもしれませんが、私は高速カウンターの方が好きです。


この試合にはミランらしさが戻ってきているような気がしました。
その要因はオッドにあったと思います。
補強が上手くいってるというのは嬉しいです。
さて、ロナウドはどうなるのだろうか・・・?

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 23:27 | Comment(39) | TrackBack(0) | ACミラン
2007年01月15日

セリエA ACミラン×レッジーナ





書いたことが全て消えたーーーー!!



やる気が一気に失せたため、簡単な感想で終わりになります。



試合は3−1でミランの勝利。
勝利、ありがとう。
          以上




本当についてないな・・・orz


さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 22:51 | Comment(10) | TrackBack(0) | ACミラン
2007年01月09日

全国高校サッカー大会 盛岡商業(岩手)が優勝!

毎年素晴らしい試合を見せてくれる全国高校サッカー大会決勝。
諸事情のため後半からの観戦となったが、それでも十分に楽しめた。

=======試合結果=======
   作陽 1−2 盛岡商業

私は中立な立場であったため、できれば両方に勝ってもらいたかった(笑)
ただ、素直に「盛岡商業おめでとう!!」と言ってあげたい。

本当に気持ちの良い試合でした。
へたにプロの試合を見るよりも全然良いですね。
高校生らしく純粋なサッカーを見れて大満足です。

今年の大会は優勝候補が次々と負け、予想外のカードとなりました。
ですが、東北から優勝チームが出たことは珍しいですし、岩手県勢からの優勝については、初めてということで、予想外のチームが勝ち上がるというのも面白いですね。
チャンピオンズリーグでこうなったら最悪ですが。。。
やはり高校サッカーに関しては、サッカーが上手いことよりも、優勝への強い気持ちに感動をするからでしょう。
本当に感動しました。

盛岡商業、優勝おめでとうございます!!

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 00:21 | Comment(2) | TrackBack(1) | サッカーニュース
2007年01月08日

ベルルスコーニ杯 ACミラン×ユヴェントス

例年は8月半ばに行われるベルルスコーニ杯、今年は不正疑惑があったために冬に延期された。
また、セリエAのミラン×セリエBのユヴェントスという例年とは違う状況。
だが、スカパーでは放送されなかっため、本当に悔しい!!(>_<)


スタメン
GK カラチ
DF カフー、ボネーラ、マルディーニ、ヤンクロフスキ
MF ピルロ、ガットゥーゾ、ブロッキ、セードルフ
FW インザーギ、ジラルディーノ

試合はかなり白熱していたようだ。
その証拠に、ユヴェントスの3選手が怪我を負った。
また、去年のベルルスコーニ杯ではブッフォンがカカのタックルを受け、長期離脱した。

試合が動いたのは29分。
ブロッキからグラウンダーのクロスを受けたインザーギが古巣ユヴェントスから先制点を奪った。
インザーギらしい合わせ方だった。
もし、このゴールで不調から脱することができれば、最高に嬉しいところ。

後半終了5分前にトレゼゲのシュートをGKカラチが弾いたところをネドベドに押し込まれる。

前半は1−1で終了

ハーフタイムには大幅な選手交代が行われた。
GKにはカラッツに代わり、40歳のフィオーリが出場。
その40歳のフィオーリは60分にファインセーブを見せたようだ。
また、その3分後にはインザーギにゴールチャンスがあったがトラップミス。

68分、デルピエロがヘディングシュートを正確に決めて、ユヴェントスに逆転される。
しかし、1分後にブロッキから絶妙なクロスが放たれ、それをセードルフが合わせて同点。

そして、86分。
プリマヴェーラのリーグで11試合7ゴールを決めている、19歳のフランス人FWカティリナ・オーバメヤンが勝ち越しゴール!
ピルロからのクロスをヘディングでしっかりと合わせた。

今シーズンのベルルスコーニ杯は3−2でミランが勝利した。


今回の試合は見れなかったため詳しいことは言えないが、結果だけを見れば守備に不安があるのは確実。
オッドの獲得は確実視されているが、CBも欲しいところ。
エンポリで活躍しているマルゾラッティを呼び戻すという手もあるだろう。

攻撃面に関しては、問題点はFWの駒不足。
ボリエッロがドーピング疑惑で出場停止を受けているため、現在トップチームのFWは3人。
新しい選手を獲得するのか?
それとも、今回の試合でミランに勝利を与えたオーバメヤンの活躍に期待するのだろうか?


さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 00:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | ACミラン
2007年01月03日

日本代表を強くするJリーグのクラブの在り方とは

今年の天皇杯を制したのは浦和レッズだった。
これで、天皇杯2連覇である。
また、Jリーグとの2冠達成となった。

しかし、浦和レッズの栄冠はピッチ外にもある。
Jリーグの年間興業収入、年間観客動員数の記録を塗り替えたのだ。

これらを考えれば、浦和レッズが名実ともに日本の最強クラブであるのは明らかだ。
しかし、「ビッククラブ」というのには早すぎる。
ビッククラブというのは、数十年の時間をかけてつくられるものなのだと思う。
たった1、2年最強のクラブとして君臨していただけでは「ビッククラブ」とはいえないだろう。
ただ、今後、浦和レッズを「ビッククラブ」といえるような日が来ると私は思っているし、なって欲しいと思っている。


では、なぜ浦和レッズにビッククラブになって欲しいのか?
それは、リーグ内での経済格差は必要だと思うからだ。

現在の日本サッカーの選手は、
Jリーグで活躍→日本代表→欧州リーグへ、のパターンが目立つ。
このようなパターンの場合、日本代表になるための扉は比較的開いている。
そのため、クラブで好成績を収めれば日本代表になれる可能性は高い。
特にオシム体制においては、それが顕著に見て取れる。

確かに、Jリーグで活躍→日本代表、のパターンでも強くなることはできるだろう。
しかし、日本の選手を強くするパターンとは言えないのではないだろうか?

私が望むパターンは、
下位クラブで活躍→ビッククラブで活躍→日本代表&欧州リーグへ、のパターンだ。

このパターンは欧州リーグに多く見れるパターンだ。
イタリア・セリエAを例にすると、
ウディネーゼ、パルマ、アタランタなどの地方クラブ(プロビンチャ)は下部組織を充実させ、若手を積極的に獲得している。
また、試合にも若手を積極的に起用している。
そして、活躍した選手はミラン、インテル、ユヴェントスなどのビッククラブに売られていくのだ。
そして、その結果、地方クラブに金が入る。その金で、有望な若手選手を獲得したり、育成設備を整えるのだ。

つまり、下位クラブ→ビッククラブ、のパターンがあれば、クラブは育成設備を整え、若手の起用も積極的になっていくと思われるのである。
そうなれば、有望な若手が増えていくだろう。

また、選手達もビッククラブを目指すようになるだろう。
今までの「日本代表選出、欧州クラブ移籍」という目標の前にビッククラブ移籍という過程をおくことによって、日本代表への道は険しくなる。
だが、これによって選手達も強くなる思うし、厳選される。
現在、欧州で活躍している日本人は少ないため、厳選するべきだろう。


私が望むパターンになるためには、浦和レッズには日本のビッククラブになって欲しいと思っている。
阿部を獲得しようとしているような所を見ても、浦和レッズはビッククラブへの道を辿っていると言って良いだろう。

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 01:20 | Comment(8) | TrackBack(3) | Jリーグ
2007年01月02日

天皇杯 浦和レッズ×ガンバ大阪

あけましておめでとうございます♪

元日といえば、天皇杯です。
今年のカードは浦和レッズ×ガンバ大阪。


試合は終始ガンバ大阪ペース。
浦和レッズは怪我人が多いことがかなり響いていた。
特に、ワシントンの離脱がかなり響いていた様子。
ワシントンの代わりに出場した永井はボールにまともに触ることもできていたかった。

圧倒的に攻めていたガンバ大阪だが、都築の壁を破ることができなかった。
そして、後半42分に途中出場の岡野が突っ込んでチャンスを作り、それに永井が詰めて浦和レッズ先制!

最後にガンバ大阪には絶妙な位置での遠藤のフリーキックがあったが枠を超えた。

浦和レッズ 1−0 ガンバ大阪


「押されていても勝つ」これこそ、浦和が現在のJリーグの王者として君臨している由縁だろう。
欧州のビッククラブにあるような「勝者のメンタリティ」といわれるものが、現在の浦和にはあるように思える。

浦和レッズがアジアでどれ程の活躍ができるのか?
Jリーグの命運がかかっているといってもよいだろう。

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 00:36 | Comment(3) | TrackBack(0) | Jリーグ
2006年12月26日

ACミランの2006年をふり返る

今年のミランにも様々なことがあった。
そんなミランの今年をふり返る。


カルチョスキャンダル
この事件を欠かして今シーズンのミランは語れない。
ユヴェントスを中心に広がっていった不正疑惑。
この事件にはミランも巻き込まれ、その裁定により大きな被害を受けた。

第一審 チャンピオンズリーグ出場権剥奪、ペナルティ−15ポイント
再審  チャンピオンズリーグ予備予選からの出場、ペナルティ−8ポイント

裁定について文句を言ってもしょうがないし、文句を言えるような身分ではないので裁定について文句は言えない。
裁定はそのまま受け入れるしかない。

だが、裁定による被害は予想以上だった。
補強の失敗にも裁定による被害あったといってよいだろう。
フロントの過失はもちろんあるが、チャンピオンズリーグ予備予選からの出場によって補強に遅れをとってしまった。

補強失敗の中で期待されていたのはグルキュフとオリベイラ。
この2人のミランデビューはなかなかのものであった。
グルキュフはチャンピオンズリーグでフル出場し、ゴールまで決めた。
オリベイラは途中出場だったが、短い時間でゴールを決めた。

最近は影が薄くなっているが、彼らにはポテンシャルが十分にある。
今後、コンディションが上がってくれば、ミランの力になってくれるだろう。


今年はもう一つ大きな出来事があった。
 FIFA ワールドカップ

ワールドカップ後はコンディション不良の選手が相次ぎ、怪我をする選手も増える。
ミランも、ワールドカップによる被害を大きく受けた。

さらに、カルチョスキャンダルの影響でミランはチャンピオンズリーグ予備予選からの出場を余儀なくされた。
そのため、コンディションが整わないままシーズンを戦い始めてしまった。

結果、怪我人は相次ぎ、選手たちの疲労は目に見えて明らかであった。


今年のミランは大きな不調に陥った。
この不調には、カルチョスキャンダルとワールドカップの2大要因がある。
今年のミランのようなチームを出さないためにも、不正疑惑などが2度と起きないことを願いたい。
また、ワールドカップの日程などにも改善の余地があるのではないのだろうか?と思っている。


さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 01:12 | Comment(10) | TrackBack(1) | ACミラン
2006年12月25日

セリエA ウディネーゼvsACミラン

ミランの今年最後の相手はウディネーゼ。
カタニア戦でミランは完勝することができた。
が、クリスマス前でのウディネーゼ戦は今まで分が悪く、なんとなく不安。。。


ウディネーゼ 0-3 ミラン
<得点者>
 31' カカ(ミ)
 35' ジラルディーノ(ミ)
 76' リカルド・オリベイラ(ミ)

GK カラチ
DF カフー、シミッチ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF ピルロ、ガットゥーゾ、ブロッキ、セードルフ、カカ
FW ジラルディーノ

試合が動くのは31分。
ピルロがカカに絶妙なパスを放り込む。
そのボールに飛びこんで来たカカがウディネーゼのピンツィに倒され、PK獲得。
それをカカが落ち着いて決めて先制。

ピルロのパスを見事の一言だった。
ピルロが調子良いときはあんなパスを毎試合のように放り込んでくれる。
ピルロの復調を願いたい。
だが、この試合でのピルロの出番はこれでは終わらない。。。

追加点は4分後。
ウディネーゼDFがこぼしたボールをジラルディーノが詰めてゴール。
ジラルディーノらしいゴールだった。
どんなボールでもゴールに放り込む!といった気持ちが感じられたゴールだった。


後半開始

・・
・・・
遅れてカカ登場!
カカが治療のために遅れて、後半開始が1分ほど遅れた。

後半開始前に治療したはずのカカだが、痛みがぶり返して52分にグルキュフと交代。
長引かないといいが・・・

カカの負傷交代から5分後、カラーゼが負傷交代。
ここからアンチェロッティの快進撃が始まる。。。

DFカラーゼ→FWリカルド・オリベイラ

カラーゼの交代によりセンターバックはシミッチただ一人になった。
もちろん、センターバックがもう一人必要である。
だが、センターバックに入れるような選手はピッチにいない。
ここで、センターバックに入ったのはピルロ。
かなり貴重な出来事だった。楽しませてもらったよ(笑)

76分、交代で出場したオリベイラにブロッキからの絶妙なフライスルーが渡り、それをオリベイラが股抜きシュートで決めて、ダメ押しの3点目。

その後、セードルフがルカ・アントネッリと交代。
アントネッリはこの試合でセリエAデビューとなった。
ウディネーゼ戦でのデビューはマルディーニと同じ。
そして、ポジションもマルディーニと同じでDF。
そのためピルロに代わってセンターバックに入るかと思われた。
しかし、ピルロは動かず。アントネッリは、セードルフの位置にそのまま入った。

ーーー試合終了ーーー


色々と面白い試合だった。
面白い試合にしてくれたのは選手達ではなくアンチェロッティですが。
アンチェロッティの采配はある意味でさすがだった。

ピルロをリベロのように使い、ゴールキックまで蹴らしていた。
見ている側としては、ピルロのセンターバックは不安でしょうがなかった。
実際に不安は当たり、終了間際にヤクインタを倒してPKをとられそうになった。
というか、PKだった。

この試合で頑張っていたのはGKカラチ。
ジダには及ばないものの、及第点を与えられる活躍はしていた。

そして、ブロッキは相変わらずの活躍。
ガットゥーゾをも超える活躍をしているといっても良いだろう。

年明け一戦目のレッジーナ戦ではガットゥーゾが累積警告で出れないため、ブロッキの奮起に期待したい。


さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 03:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | ACミラン
2006年12月23日

セリエA ACミラン×カタニア

ミランの相手は昇格組のカタニア。
とはいえ、カタニアの現在の順位は4位でチャンピオンズリーグ圏内のチームです。
なので、現在のミランだと不安です。。。
しかし、ミランがチャンピオンズリーグ圏内に入るためには負けられない試合です。


ミラン 3-0 カタニア
4'   カカ(ミ)
82' ジラルディーノ(ミ)
88' カカ(ミ)

試合は前半早々に動きました。
ジラルディーノがカカにボールをパス。
それをカカが鮮やかにゴールを決めて、ミランが先制!
カカのシュートが素晴らしかったのはもちろんでが、ジラルディーノのポストプレーもよい感じでした。
カカとジラルディーノの連携が良くなっていけば、得点力も飛躍的にアップするはずです。

その後、ミランはカカを中心にチャンスを幾度と作るが、カカのシュートはことごとく枠外へ・・・
しかし、カカとオリベイラの連携の良さは見れました。
が、それにしても、オリベイラは相変わらずシュートを外しますね。テクニックはあるだけにもったいないです。

ミランペースのまま前半終了

後半も相変わらずのミランペース。
しかし、ミランのシュートはことごとく枠外に。
ただ、今までに比べればはるかに良い感じです。

しかし、残り時間が少なくなるとさすがにイライラ・・・

が、82分のコーナーキックのボールをカラーゼが落とし、それをジラルディーノが決めて追加点。

そして、88分にダメ押し点。
ブロッキからヤンクロフスキに渡り、ジラルディーノへパス。それがカカに渡り、ゴールです。

ロスタイムに、カタニアのバルガスが放ったミドルシュートをカラチが変な所に弾く。それをカタニアに詰められるが、カラーゼが何とかクリアしてピンチを防ぎます。


ーーー試合終了ーーー

久しぶりに味わえた勝利の味。しかも快勝。
こんなに気持ちがいいとはw
これからもこの味を味わえるように、ミランには引き続き、勝利を願いたいです。

この試合で良かったのは、カカとジラルディーノのコンビネーションが良くなっていること。
今回の試合のようなプレーが増えていくように願いたいです。

もう一つ良かった点。
ガットゥーゾとブロッキの頑張りですね。
カカのような活躍はできませんが、守備面での貢献は凄まじいです。
現在の守備陣が酷いので、本当に助かります。
また、中盤での守備が安定することにより、攻撃の形もできやすくなっているので一石二鳥です。


次はアウェイでウディネーゼ戦。
クリスマス前の試合での相性は悪いですが、この調子で連勝してもらい、新年を気持ち良く迎えたいです。

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 03:05 | Comment(8) | TrackBack(0) | ACミラン
2006年12月17日

世界一のクラブはインテルナシオナル!

世界一のクラブを決めるクラブワールドカップが閉幕

決勝戦のカードはバルセロナ×インテルナシオナル
多くの人間がバルセロナの勝利を予想していたと思います。
私もその一人でした。

しかし、結果は・・・インテルナシオナルが1−0で勝利!
インテルナシオナルが優勝!

決勝戦らしい試合になっていたと思います。
両チームは一点のために必死に戦っていました。
やっぱり、決勝戦っていうのは良いね!

クラブ世界一になったインテルナシオナルですが、日本のマスコミは「アレシャンドレ、アレシャンドレ」ばかり騒いでいたといたのが気になりました。
一人の選手についてばっか言われると、その選手まで嫌いになってきちゃうんだよなぁ。
全チームにそういう傾向がみられたのでどうにかなんないのかな。
まぁ、どうにかなんないんだろうな・・・

それにしても、インテルナシオナルのプレスは良かったなぁ。
決勝トーナメント一回戦でバルセロナとあたるリバプールの参考材料にもなったはず。

とにかく、インテルナシオナル優勝おめでとう!

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。