2006年12月26日

ACミランの2006年をふり返る

今年のミランにも様々なことがあった。
そんなミランの今年をふり返る。


カルチョスキャンダル
この事件を欠かして今シーズンのミランは語れない。
ユヴェントスを中心に広がっていった不正疑惑。
この事件にはミランも巻き込まれ、その裁定により大きな被害を受けた。

第一審 チャンピオンズリーグ出場権剥奪、ペナルティ−15ポイント
再審  チャンピオンズリーグ予備予選からの出場、ペナルティ−8ポイント

裁定について文句を言ってもしょうがないし、文句を言えるような身分ではないので裁定について文句は言えない。
裁定はそのまま受け入れるしかない。

だが、裁定による被害は予想以上だった。
補強の失敗にも裁定による被害あったといってよいだろう。
フロントの過失はもちろんあるが、チャンピオンズリーグ予備予選からの出場によって補強に遅れをとってしまった。

補強失敗の中で期待されていたのはグルキュフとオリベイラ。
この2人のミランデビューはなかなかのものであった。
グルキュフはチャンピオンズリーグでフル出場し、ゴールまで決めた。
オリベイラは途中出場だったが、短い時間でゴールを決めた。

最近は影が薄くなっているが、彼らにはポテンシャルが十分にある。
今後、コンディションが上がってくれば、ミランの力になってくれるだろう。


今年はもう一つ大きな出来事があった。
 FIFA ワールドカップ

ワールドカップ後はコンディション不良の選手が相次ぎ、怪我をする選手も増える。
ミランも、ワールドカップによる被害を大きく受けた。

さらに、カルチョスキャンダルの影響でミランはチャンピオンズリーグ予備予選からの出場を余儀なくされた。
そのため、コンディションが整わないままシーズンを戦い始めてしまった。

結果、怪我人は相次ぎ、選手たちの疲労は目に見えて明らかであった。


今年のミランは大きな不調に陥った。
この不調には、カルチョスキャンダルとワールドカップの2大要因がある。
今年のミランのようなチームを出さないためにも、不正疑惑などが2度と起きないことを願いたい。
また、ワールドカップの日程などにも改善の余地があるのではないのだろうか?と思っている。


さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 01:12 | Comment(10) | TrackBack(1) | ACミラン
2006年12月25日

セリエA ウディネーゼvsACミラン

ミランの今年最後の相手はウディネーゼ。
カタニア戦でミランは完勝することができた。
が、クリスマス前でのウディネーゼ戦は今まで分が悪く、なんとなく不安。。。


ウディネーゼ 0-3 ミラン
<得点者>
 31' カカ(ミ)
 35' ジラルディーノ(ミ)
 76' リカルド・オリベイラ(ミ)

GK カラチ
DF カフー、シミッチ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF ピルロ、ガットゥーゾ、ブロッキ、セードルフ、カカ
FW ジラルディーノ

試合が動くのは31分。
ピルロがカカに絶妙なパスを放り込む。
そのボールに飛びこんで来たカカがウディネーゼのピンツィに倒され、PK獲得。
それをカカが落ち着いて決めて先制。

ピルロのパスを見事の一言だった。
ピルロが調子良いときはあんなパスを毎試合のように放り込んでくれる。
ピルロの復調を願いたい。
だが、この試合でのピルロの出番はこれでは終わらない。。。

追加点は4分後。
ウディネーゼDFがこぼしたボールをジラルディーノが詰めてゴール。
ジラルディーノらしいゴールだった。
どんなボールでもゴールに放り込む!といった気持ちが感じられたゴールだった。


後半開始

・・
・・・
遅れてカカ登場!
カカが治療のために遅れて、後半開始が1分ほど遅れた。

後半開始前に治療したはずのカカだが、痛みがぶり返して52分にグルキュフと交代。
長引かないといいが・・・

カカの負傷交代から5分後、カラーゼが負傷交代。
ここからアンチェロッティの快進撃が始まる。。。

DFカラーゼ→FWリカルド・オリベイラ

カラーゼの交代によりセンターバックはシミッチただ一人になった。
もちろん、センターバックがもう一人必要である。
だが、センターバックに入れるような選手はピッチにいない。
ここで、センターバックに入ったのはピルロ。
かなり貴重な出来事だった。楽しませてもらったよ(笑)

76分、交代で出場したオリベイラにブロッキからの絶妙なフライスルーが渡り、それをオリベイラが股抜きシュートで決めて、ダメ押しの3点目。

その後、セードルフがルカ・アントネッリと交代。
アントネッリはこの試合でセリエAデビューとなった。
ウディネーゼ戦でのデビューはマルディーニと同じ。
そして、ポジションもマルディーニと同じでDF。
そのためピルロに代わってセンターバックに入るかと思われた。
しかし、ピルロは動かず。アントネッリは、セードルフの位置にそのまま入った。

ーーー試合終了ーーー


色々と面白い試合だった。
面白い試合にしてくれたのは選手達ではなくアンチェロッティですが。
アンチェロッティの采配はある意味でさすがだった。

ピルロをリベロのように使い、ゴールキックまで蹴らしていた。
見ている側としては、ピルロのセンターバックは不安でしょうがなかった。
実際に不安は当たり、終了間際にヤクインタを倒してPKをとられそうになった。
というか、PKだった。

この試合で頑張っていたのはGKカラチ。
ジダには及ばないものの、及第点を与えられる活躍はしていた。

そして、ブロッキは相変わらずの活躍。
ガットゥーゾをも超える活躍をしているといっても良いだろう。

年明け一戦目のレッジーナ戦ではガットゥーゾが累積警告で出れないため、ブロッキの奮起に期待したい。


さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 03:13 | Comment(4) | TrackBack(0) | ACミラン
2006年12月23日

セリエA ACミラン×カタニア

ミランの相手は昇格組のカタニア。
とはいえ、カタニアの現在の順位は4位でチャンピオンズリーグ圏内のチームです。
なので、現在のミランだと不安です。。。
しかし、ミランがチャンピオンズリーグ圏内に入るためには負けられない試合です。


ミラン 3-0 カタニア
4'   カカ(ミ)
82' ジラルディーノ(ミ)
88' カカ(ミ)

試合は前半早々に動きました。
ジラルディーノがカカにボールをパス。
それをカカが鮮やかにゴールを決めて、ミランが先制!
カカのシュートが素晴らしかったのはもちろんでが、ジラルディーノのポストプレーもよい感じでした。
カカとジラルディーノの連携が良くなっていけば、得点力も飛躍的にアップするはずです。

その後、ミランはカカを中心にチャンスを幾度と作るが、カカのシュートはことごとく枠外へ・・・
しかし、カカとオリベイラの連携の良さは見れました。
が、それにしても、オリベイラは相変わらずシュートを外しますね。テクニックはあるだけにもったいないです。

ミランペースのまま前半終了

後半も相変わらずのミランペース。
しかし、ミランのシュートはことごとく枠外に。
ただ、今までに比べればはるかに良い感じです。

しかし、残り時間が少なくなるとさすがにイライラ・・・

が、82分のコーナーキックのボールをカラーゼが落とし、それをジラルディーノが決めて追加点。

そして、88分にダメ押し点。
ブロッキからヤンクロフスキに渡り、ジラルディーノへパス。それがカカに渡り、ゴールです。

ロスタイムに、カタニアのバルガスが放ったミドルシュートをカラチが変な所に弾く。それをカタニアに詰められるが、カラーゼが何とかクリアしてピンチを防ぎます。


ーーー試合終了ーーー

久しぶりに味わえた勝利の味。しかも快勝。
こんなに気持ちがいいとはw
これからもこの味を味わえるように、ミランには引き続き、勝利を願いたいです。

この試合で良かったのは、カカとジラルディーノのコンビネーションが良くなっていること。
今回の試合のようなプレーが増えていくように願いたいです。

もう一つ良かった点。
ガットゥーゾとブロッキの頑張りですね。
カカのような活躍はできませんが、守備面での貢献は凄まじいです。
現在の守備陣が酷いので、本当に助かります。
また、中盤での守備が安定することにより、攻撃の形もできやすくなっているので一石二鳥です。


次はアウェイでウディネーゼ戦。
クリスマス前の試合での相性は悪いですが、この調子で連勝してもらい、新年を気持ち良く迎えたいです。

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 03:05 | Comment(8) | TrackBack(0) | ACミラン
2006年12月17日

世界一のクラブはインテルナシオナル!

世界一のクラブを決めるクラブワールドカップが閉幕

決勝戦のカードはバルセロナ×インテルナシオナル
多くの人間がバルセロナの勝利を予想していたと思います。
私もその一人でした。

しかし、結果は・・・インテルナシオナルが1−0で勝利!
インテルナシオナルが優勝!

決勝戦らしい試合になっていたと思います。
両チームは一点のために必死に戦っていました。
やっぱり、決勝戦っていうのは良いね!

クラブ世界一になったインテルナシオナルですが、日本のマスコミは「アレシャンドレ、アレシャンドレ」ばかり騒いでいたといたのが気になりました。
一人の選手についてばっか言われると、その選手まで嫌いになってきちゃうんだよなぁ。
全チームにそういう傾向がみられたのでどうにかなんないのかな。
まぁ、どうにかなんないんだろうな・・・

それにしても、インテルナシオナルのプレスは良かったなぁ。
決勝トーナメント一回戦でバルセロナとあたるリバプールの参考材料にもなったはず。

とにかく、インテルナシオナル優勝おめでとう!

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

2006年12月16日

ユヴェントス下部組織の2選手が死亡

セリエBに降格したユヴェントスからの悲しいニュースが届きました。


FW アレッシオ・フェッラモスカ(17)
GK リカルド・ネリ(16)

彼らはユヴェントスのプリマヴェーラ(下部組織)に所属していた選手です。
しかし、彼らは今月15日の午後、ユヴェントスの練習場内の湖に落ちたボールをとるために冷水に身を投じ、溺れて亡くなりました。

このニュースは大きく報じられることはないかもしれません。
しかし、ユベンティーノの知人がこのことで心を痛めていましたので書こうと思いました。

数々のビッグクラブがチャンピオンズリーグ決勝トーナメントのドローで一喜一憂しているころ、ユヴェントスではこのような悲しい事件が起きていたのです。
彼らが将来はアズーリ(イタリア代表)に選ばれるような選手になっていたかもしれない・・・そう思うと、非常に悔やまれます。

今後、サッカー界でこのような事件が起こらないことを祈りたいですね。
ミランで起こったら嫌ですし・・・

また、12/16に予定されていたユヴェントス×チェゼーナ戦は延期となりました。


彼らのご冥福をお祈り申し上げます…

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 23:56 | Comment(4) | TrackBack(0) | セリエA
2006年12月15日

UEFAチャンピオンズリーグ決勝トーナメント1回戦のカードが決定!

準決勝   バルセロナ 4-0 クラブアメリカ
5位決定戦  全北現代 3-0 オークランドシティ

今日、昨日のクラブワールドカップは一方的な試合になりました。
私が期待していたクラブアメリカもバルセロナに完敗。
やっぱりバルセロナは強い!

しかし、私が本日楽しみにしていたのは、クラブワールドカップではなく、チャンピオンズリーグの決勝トーナメント1回戦のドロー!

それでは、ドローの結果です。

 ポルト×チェルシー
 ACミラン×セルティック
 PSVアイントフォーヘン×アーセナル
 リール×マンチェスター・ユナイテッド
 ローマ×リヨン
 バルセロナ×リバプール
 レアル・マドリード×バイエルン・ミュンヘン
 インテル×バレンシア

ミランは中村俊輔所属のセルティックと対戦!
まさに中村俊輔が望んだ通りのカードとなりました。
俊輔は「イタリアのチームと戦いたい」と前から言っていましたから。

ミラン側からしても好都合。
正直、セルティックは一番楽な相手ですので。
ただ、微妙・・・セルティックにはベスト8に行って欲しかったのですが。。。
まぁ、ミランが相手ということでベスト8に行ける可能性は高くなったのですがw

とにかく、これでミランは日本中の敵になりました。
しかし、これで地上波でミランを見れる回数が増えると思うので、そこは嬉しい。
また、スカパーとってない人も地上波で見れるでしょうし。


他の注目カード。

ローマ×リヨンは面白くなりそう!
どちらのチームもチームの完成度は高いですから。

バルセロナ×リバプールはチャンピオンチームどうし。
昨年、一昨年のチャンピオンの2チームです。
そして、昨年、一昨年にミランを敗退に追いやった2チームです。
つまり、どちらも強いw
でも、やっぱりバルセロナかな。


ビックマッチはありませんでしたが、ミランさえ通過してくれれば満足。
俊輔には悪いですが、セルティックならチャンスありです。



さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

2006年12月13日

クラブワールドカップ準決勝 インテルナシオナル×アルアハリ

今日は、FIFA クラブワールドカップの準決勝インテルナシオナル×アルアハリがありましたが、私事で見ることができませんでした。

ただ、日テレのハイライトを見て…


結果は2-1でインテルナシオナルの勝利でした。
私が12/9に行った開幕前のシュミレーションが大正解です!嬉しいな〜♪

この試合には、期待の17歳FWアレシャンドレが出場したようですね。
ハイライトにはアレシャンドレは度々出てきていました。
そして、ゴールを決めたというのは驚き。ただ、リアクション薄!う〜ん、さすが未来の大器というとこなのかな。。。

でも、もっと驚いたのは肩でボールを「ポン、ポン」させたプレイ
正直、意味は分からなかったですがw

ちなみにアレシャンドレにはレアルマドリードが注目しているみたいですね。
レアルマドリードの、何でも獲ればいいという精神には賛同出来ないです。

ただ、アレシャンドレをクラブワールドカップ決勝で見るのは、今から楽しみです。


さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

2006年12月12日

クラブワールドカップ 全北現代モータース×クラブアメリカ

開幕戦は予想通りアルアハリが勝利。
一回戦の次の試合はバルセロナとの挑戦をかけての試合。
 全北現代モータース×クラブアメリカ

私が先日予想したスコアは1-3でクラブアメリカの勝利。
果たして当たったのか・・・


全北現代モータース 0-1 クラブアメリカ

こちらも予想通りの結果でした。
私が予想したスコアは大外れでしたが。

試合は終始、クラブアメリカがコントロール。
テクニックは凄いですね。
これなら、バルセロナに勝つのも夢では無いかもしれません。
が、ゴールがなかなか入らず、イライラモード。

しかし、ぼーっとしていた瞬間にボールがゴールの中にコロコロ・・・
これが決勝点となり、クラブアメリカ勝利!
クラブアメリカがバルセロナへの挑戦を獲得しました。

バルセロナを決勝で見たいという気持ちもありますが、私はクラブアメリカを応援したいと思います。
全北戦をみた感じでは、バルセロナに勝つのは決して不可能ではないはずです。

とにかく、面白い試合を期待しています!


さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

2006年12月11日

セリエA ACミラン×トリノ

先日のチャンピオンズリーグにて、リールに完敗したミラン。
今回の相手はセリエA昇格組トリノ、もちろんミラニスタは勝ち以外許すわけがない。


    結果
ACミラン 0-0 トリノ


ゴールが見たかった・・・
この試合は、ミランのゴール欠乏症が明確に更に明確になった感じでした。

スタメン
GK カラチ
DF カフー、シミッチ、マルディーニ、ヤンクロフスキ
MF ブロッキ、セードルフ、グルキュフ
FW オリベイラ、ジラルディーノ、ボリエッロ

試合内容
前半開始!

・・
・・・
前半終了。
前半は特に何も無く終了しました。

後半開始!
後半になると、やっと見れる試合になりました。
しかし、決してミランが優勢になったわけではありません。
トリノもチャンスを作り出していました。
(ミランの守備が酷かったのが要因ではありますが・・・)

そして、いまいち覇気が無いミランに「あの男」が立ち上がる。
それは・・・ガットゥーゾ?!
1月復帰予定のガットゥーゾがグルキュフと交代で出場。
しかも、最後まで普通にプレーしてるし・・・
ガットゥーゾは化け物か?!(笑)

この後、今のミランを象徴する出来事が起こる・・・

後半78分にジラルディーノがペナルティエリア内で倒されPK獲得!
このPKをジラルディーノが自ら蹴る。が、失敗。
見事にポスト直撃!
ポストに当てる練習でもしてんのかな?

終了間際にはトリノが決定機を作るが、トリノもポストに嫌われていた。。。
ポストに嫌われ、救われました・・・

…試合終了


この試合は無失点に終わりましたが、これはマルディーニのお陰。
マルディーニの引退は少し早いかもしれませんね。
少なくとも、マルディーニを引退させるなら、シミッチを移籍させてくれ。


ミランの試合の後、アーセナル×チェルシーのロンドンダービーを見る予定だったのですが、試合に集中できず、前半途中で就寝しました。

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 20:47 | Comment(2) | TrackBack(1) | ACミラン
2006年12月10日

クラブワールドカップ開幕戦 アルアハリ×オークランドシティ

いよいよFIFA クラブワールドカップが開幕!
開幕戦はアルアハリ×オークランドシティ

結果は見事にアルアハリが2-0で勝利!

私の予想はひとまず一問正解。スコアは外れましたが。

やっぱり、この結果はしょうがない
あらゆる面でアルアハリがオークランドシティを上回っていた感じ。
特に組織力でアルアハリは圧倒していた。

この試合で気になったのは、メディアがアルアハリについて「アブトレイカ、アブトレイカ」ばっか騒いでいて、他の選手が可哀想・・・
岩本で騒ぐのは分かるけどさ。


では、ミランの試合が始まるのでこの辺で。

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

2006年12月09日

クラブワールドカップ完全シュミレーション!

明日、「TOYOTA プレゼンツ FIFA クラブワールドカップ JAPAN 2006」が開幕します。
今日は開幕に備えて、結果をシュミレーションしてみたいと思います。


優勝  クラブアメリカ
準優勝 インテルナシオナル
3位  バルセロナ
4位  アルアハリ
5位  全北現代モータース
6位  オークランドシティ

1回戦
12/10(日) オークランドシティ×アルアハリ

開幕戦です。勝てばインテルナシオナルとの対決
オークランドシティには岩本がいるため、ぜひ勝って欲しい試合です。
しかし、試合は当初の予想通りアルアハリの一方的な試合。
オークランドは歯が立たない。

結果は・・・0ー3でアルアハリの勝利!


10/11(月) 全北現代モータース×クラブアメリカ


勝てばバルセロナとの対決!
こちらの試合は拮抗。
しかし、結果はクラブアメリカが圧倒します。

結果は・・・1−3でクラブアメリカの勝利!


準決勝
12/13(水) アルアハリ×インテルナシオナル

この試合は予想通りの展開。
インテルナシオナルが試合の主導権を握る。
ただ、アルアハリが粘って点をとらせない!
しかし、結果的にはインテルナシオナルが先制。
すると、追加点も生まれる。。。

結果は・・・0−2でインテルナシオナルの勝利!


12/14(木) クラブアメリカ×バルセロナ

いよいよ、この試合から欧州王者バルセロナがお目見えです。
しかし、強行日程のためバルセロナ自慢の攻撃陣が不調。
そして守備が前がかりになると、クラブアメリカがカウンターで値千金のゴール!

結果は・・・1−0でクラブアメリカが勝利!


5位決定戦
12/15(金) オークランドシティ×全北現代モータース

この試合で負ければビリになるため、両者の意地のぶつかり合い。
試合は拮抗するも、全北現代モータースがチャンスをしっかりと決めて2得点。
最後に岩本が意地のフリーキックを決める(完全に希望)が、時すでに遅し

結果は・・・1−2で全北現代モータースの勝利!


3位決定戦
12/17(日) アルアハリ×バルセロナ

準決勝でまさかの敗北を喫っしたバルセロナ。。。
アルアハリとの試合では・・・完全復活!
調子が回復してきて、アルアハリを圧倒します。
点もしっかり決めていきます。
最後に一点を返されますが・・・

結果は・・・1−3でバルセロナの勝利!


決勝戦
12/17(日) インテルナシオナル×クラブアメリカ

南米王者が連覇をするのか・・・
バルセロナを倒して勝ち上がってきたクラブアメリカが優勝するのか・・・

この試合は壮絶な試合となります。
点のとりあいとなり、まさに決勝戦ともいうべき面白い試合。
しかし南米王者も、バルセロナを倒して勝ち上がって来たクラブアメリカの勢いを止めることはできない。

結果は・・・2ー3でクラブアメリカの勝利!

北中米カリブ海代表クラブアメリカが優勝!!


どうでしょう?
自分の独断と偏見で勝ってに予想してみましたが、当たりますかね?

開幕戦は明日ですが、開幕戦は正直なところ岩本しか興味が無いんですよね・・・
何にしても、盛り上がって欲しいです!

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

2006年12月08日

サッカーニュースあれこれ

今日は移籍の噂やサッカーニュースについて語っていきたいと思います。


■ロナウジーニョに戦力外通告!?
最近は調子を取り戻したロナウジーニョですが、ブラジル代表のドゥンガ監督だけは未だに不満みたいです。

「ロナウジーニョは、そのプレースタイルを変えない限り、ブラジル代表でレギュラーにはなれない」とばっさり

まるで、オシム監督みたいな事言ってますね(笶)
昔のサビチェビッチは今のロナウジーニョみたいな扱いをオシム監督にされていたのでしょうか?

ドゥンガ監督は、’ボールを奪う、ゴールを決める、チームメイトのゴールをサポートする ’ 選手が必要としています。
これらの条件をロナウジーニョは満たしていないと判断しているようです。
ドゥンガ監督はロナウジーニョにも守備意識を持って欲しいとのこと。
ところで、カカは条件を満たしていると判断していると思っていいのかな?


■中村俊輔はACミランとの対決を熱望?
昨日のチャンピオンズリーグで途中出場ながらもアシストを挙げた中村俊輔。
しかし試合には敗北してしまい、セルティックは2位通過となりました。

ご存じの通り、俊輔は一昨年までイタリアのレッジーナに在籍していました。
なので、俊輔はチャンピオンズリーグでイタリアのチームと対戦したいようです。
しかし、イタリアのチームで1位通過したのは、ミランだけです。なぜか、ねw

つまり、ベスト16では、イタリアのチーム=ACミランということ

別にいいですよ、戦っても。
相手がどんなチームであろうとミランが勝つ気はしませんので。
どうぞ、戦って倒していって下さい。
このカードならスカパー!とっていない方も地上波で見れると思いますので。


■シェフチェンコがACミランに復帰?
今夏の移籍市場でミランからチェルシーに移籍したシェフチェンコ
しかし、不調が続いています。

そこで、シェフチェンコのミラン復帰が噂になっています。
シェフチェンコが抜けたミランは深刻なゴール欠乏症に陥っています。
そこで、シェフチェンコをチェルシーからレンタル復帰させ、ミランのゴール欠乏症を直す。
そして、シーズン終了後にはシェフチェンコの不調を直してチェルシーに返すという計画です。

ただ、この計画には反対意見も多く、特にミランの重鎮組が反発しているようです。
ちなみに、私は賛成です。

例え出て行き方が悪くても、シェバには是非復帰して欲しいです。
今のミランは不満を言えるような状況ではないですし。

待ってるぜ!シェバ!!

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 19:02 | Comment(7) | TrackBack(1) | サッカーニュース
2006年12月07日

UEFA チャンピオンズリーグ 最終節 ACミランvsリール

・・・酷い・・・酷すぎる
こんなに不快な試合は久しぶりだ。


ACミラン 0-2 リール
<得点者>
7'  オデムウィンギ
67' ケイタ


見事な完敗劇でした。
突破を決めていたとはいえ、ホームでこんな試合をするとは酷すぎです。

確かに中心選手を温存したのだから、多少はしょうがないのかもしれない。
だがそれにしても酷すぎる。
試合はリールに圧倒され、最終的にはカカ、セードルフ、オリベイラも出場させるという最悪の結果。


スタメン
GK カラチ
DF ボネーラ、シミッチ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF ブロッキ、ピルロ、アンブロジーニ、グルキュフ
FW ボリエッロ、インザーギ

試合内容
前半7分にポドメルが強烈なシュートを打ち、それをカラチがなんとかパンチングするも、こぼれ玉をオデムウィンギにあっさり決められ、リールが先制。
この時私は、追い付くだろうと楽観視していました。
見事に裏切られましたがw
その後もリールに攻められて前半終了

選手のふがいなさに怒り狂ったアンチェロッティは、さっそくブロッキをセードルフに交代して後半へ。
9分後にはアンブロジーニをカカに変え、もはや全力。
この後に追加点を奪われても言い訳はできない。

多少は良くなったものも、試合は相変わらずリールが支配。

ようやくミランに光が見えかけたのは60分
グルキュフのコーナーキックをインザーギが合わせる。
だが、ボールはクロスバーに跳ね返されてしまった。

そして、後半22分にケイタがポドメルとのワンツーでリールがダメ押し点
その後もミランの反撃は無く、試合終了

ミランの選手達はサポーターにブーイングを受けながらグラウンドを後にしました・・・


問題点は言い切れないほどありますね。
まずはGKカラチの安定感の無さ。何でミランにいるんだろう?
まさにウドの大木(笑)

そしてシミッチ
見る度に酷くなっていく・・・可哀想だから放出してあげてくれ

あとはインザーギ
ジラルディーノの病気が移ったかのようにゴールが入れられない。
こちらも見てて可哀想です。
3ヶ月前のインザーギほど頼りなる男はいなかったのに!


問題点山積みのミラン
これらの問題点を、1月までにどれ程改善できるのだろうか?
あんたの進退がかかっているからな、アンチェロッティ。まじで頼むよ・・・



さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 21:55 | Comment(8) | TrackBack(0) | ACミラン
2006年12月06日

UEFA チャンピオンズリーグ グループA〜Dのベスト16出場チーム決定!

UEFA チャンピオンズリーグのグループA〜Dは最終節を戦い、ベスト16出場チームが8チーム決まりました。

実は私は1試合も見ていないのですが、ベスト16進出が決定したチームについて書いていきたいと思います。


試合結果

グループA
       バルセロナ 2-0 ブレーメン
       チェルシー 2-0  レフスキ・ソフィア

グループB
 バイエルン・ミュンヘン 1-1 インテル・ミラノ
スポルティング・リスボン 1-3 スパルタク・
モスクワ

グループC
PSVアイントフォーヘン 1-3 ボルドー
      ガラタサライ 3-2 リバプール

グループD
         ローマ 1-0 バレンシア
     オリンピアコス 1-1 シャフタール・ドネツク


ベスト16出場決定チーム考察

グループA
1位通過 チェルシー
2位通過 バルセロナ
グリープAについては、「やっぱり」というところでしようか。
最終節まで楽しませてはくれましたが、最終的には予想通りの結果となりました。
私は、にわかにブレーメンを応援していたのですが、残念でした。
恐らく今シーズン限りで移籍するであろうクローゼをもっと見たいと思っていたのですが・・・
ただ、前回王者バルセロナが2位通過。
1位通過したチームも安心できないですね。ミラン当たりそう・・・

グループB
1位通過 バイエルン・ミュンヘン
2位通過 インテル
これも予想通りな感じ。
この2チームが通過するのは当然でしょう。
しかし、今節は1位通過を懸けての直接対決だったのですが、試合は引き分け。
これで、バイエルンの1位通過が決定しました。
これで、ミランはベスト16でどちらとも当たらなくなりました。(同国チームとはベスト16で当たらないため)

グループC
1位通過 リバプール
2位通過 PSV
これまた予想通りな感じ。
ガラタサライに頑張って欲しかったというのが正直なところ。
稲本がいるというのはもちろんのこと、トルコのサッカーも見たかった。
ただ、PSVの試合運びの上手さは承知しているので、監督が変わってどこまでいけるのかは楽しみなところ。

グループD
1位通過 バレンシア
2位通過 ローマ
これもまた予想通りなわけですが、意外にもローマのベスト16進出は初。
結果を知った時は安堵しました。
ぜひローマには勝ち上がっていて欲しかったので。ローマは非常に面白いチームですから。


どのグループも予想通りでした。
悲しい感じもするけど、やっぱり強いチームに勝ち上がって欲しいので、良かったかな?!

そして、明日はベスト16が出揃います。
さて、ミランは消化試合ではありますが、勝てるのかなぁ〜?

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

2006年12月05日

過熱するアーセナルのベンゲル&アンリの不仲説報道

アーセナルのベンゲル監督とFWアンリの不仲説がメディアを賑わせています。

アンリは先週金曜日に、翌日のトッテナム戦の出場メンバーから外れることを伝えられたことに猛反発してベンゲルと口論を繰り広げたと、各メディアが伝えていました。

この報道に対し、ベンゲルは反論しています。
「彼は小さな負傷をいくつも抱えており、疲労が溜まりやすい状態にある」とのことです。

一方のアンリは監督に対するフラストレーションが溜まっていることを認めています。
ただ、口論などはしていないということで、不仲説は否定しています。

ただ、補強策ではアンリとベンゲルの話は噛み合っていないことや、アンリが1トップへの不満を漏らすなど不仲説は収まる気配を見せません・・・


私は、アンリの状態については詳しくないですが、あまり良い状態では無いみたいです。
それでもアンリは試合に出たいと言っているのですが、どちらがいいのでしょうね?

アンリはアーセナルのキャプテンであり、エースストライカーですから、アーセナルにとってアンリは必要です。
ただ、試合に出ずに休養して体調を整えるのも有りだとも思います。それに、アデバイヨールやウォルコットの絶好のチャンスとなりますし。
この問題はアーセナルだけの問題では無いですね。

ただ、現在アーセナルはチャンピオンズリーグ、プレミアリーグで苦戦していますし、来週にはチェルシー戦を控えているため、色々と難しい問題だと思います。


さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | プレミアリーグ
2006年12月04日

スカパー!未放送 セリエA カリアリvsACミラン

ミランvsカリアリはスカパーの放映権の関係上で見ることができせんでした・・・
放送が無いことを知ったときはスカパーに見捨てられたのかと思いました・・・

放映権の関係で良かったです。
いや、それもそれで問題なんですが・・・


カリアリ 2-2 ACミラン
<得点者>
49' ジラルディーノ(ミ)
54' ダビド スアソ(カ)
66' カポーネ(カ)
70' ボリエッロ(ミ)

勝ち点3獲得できず・・・
見れないだけで充分痛いのに、この仕打ちは酷すぎですよ・・・
勝ったら勝ったで見たくなるんですが。


試合の詳細はこちらです。

スタメン
GK カラッツ
DF ボネーラ、マルディーニ、カラーゼ、ヤンクロフスキ
MF ピルロ、ブロッキ、セードルフ、グルキュフ
FW オリベイラ、ジラルディーノ

前半は拮抗していたみたいです。
しかし、試合に変化は無く、前半終了

後半開始時にアンチェロッティ監督はオリベイラに変え、ボリエッロを投入。

そして、再開直後にミランが先制!
グルキュフのクロスにジラルディーノが頭に合わせてゴールです。
オフサイドっぽいゴールだったみたいです。

しかし、53分にカラーゼがスアソに仕掛けたタックルがPKに・・・
これをスアソが決めて同点。

ミランの悪夢はこれでは終わらない
64分にカリアリが逆転・・・
スアソのシュートをカラッチがはじいたが、カポーネが頭で押し込んだ、とのことです。
カラッチのミスもあったみたいです。

その後、ミランはブロッキに変えてインザーギを投入してゴールを狙います。
そして、70分にコーナキックからボリエッロが同点ゴール!

しかし、75分にスアソに後ろからタックルしたピルロに一発レッド
そしてミランは、守備固めのためにジラルディーノをシミッチと交代。

その後は何も無く、2-2で試合終了・・・


カカ無しで勝ち点とれて良かったと思うしかないですね・・・
でも、久しぶりにFWが点とってくれたのが嬉しいです。
最近のニュースとか見てるとグルキュフがいい感じみたいですね。
頑張れ!グルキュフ

試合自体は見ていないので、ショックはさほど無いのですが、問題はネスタですよ。
手術のために3ヶ月の離脱・・・orz
セルジーニョも2ヶ月は戻ってこないし・・・

もうボロボロです・・・



さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 17:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | ACミラン
2006年12月02日

優勝決定戦 浦和レッズvsガンバ大阪

残念ながら、私は事情があって見ることができませんでした。
しかし、一応は結果だけでも・・・



浦和レッズ 3-2 ガンバ大阪
<得点者>
21' マグノ アウベス(ガ)
27' ポンテ(浦)
44' ワシントン(浦)
59' ワシントン(浦)
78' 山口 智(ガ)


浦和レッズ優勝おめでとう!

私はどちらかというとレッズ派なので、嬉しいです。
それに、予想通りの結果になって良かったです。
見れない試合でドラマが起こったら悔しいですから。

結果だけを見て感じたことは、得点者の中のほとんどが外国人だというところ。
試合を見ていないので、偉そうなことは言えないですが、Jリーグ全体を見ても、日本人の得点数が少ないですよね・・・
やっぱり、まだ日本人はサッカーが盛んな国の選手には及ばないんだなぁ〜と感じてしまいます。


この試合以外で気になるのは、来季のアジアチャンピオンズリーグの出場チーム
1チームは浦和レッズ(天皇杯を優勝したため)で決定していたのですが、Jリーグも浦和レッズが優勝したので、残りの1チームが未決定なんです。
候補としては、2位の川崎フロンターレが上がっていました。
しかし、最近になって、川淵会長がこれを覆す可能性を示唆したのです。

川崎フロンターレは浦和にも勝るとも劣らない攻撃力を持っているので、ぜひ川崎フロンターレにアジアチャンピオンズリーグ出場権を与えて欲しいと思っています。



さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 21:16 | Comment(8) | TrackBack(0) | Jリーグ

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。