2007年01月29日

セリエA ACミラン×パルマ


ミラン 1-0 パルマ

<得点者>
76' インザーギ(ミ)


スタメン
GK ジダ
DF オッド、ボネーラ、マルディーニ、ヤンクロフスキ
MF ガットゥーゾ、ピルロ、ブロッキ、セードルフ、カカ
FW ジラルディーノ



この試合にはオッドがいきなりのスタメン。
オッドのことは良く知っているとは言い難いため、非常に注目だった。
そして、予想を越える活躍を見せてくれた。
果敢なオーバーラックを行い、クロスの精度も高かった。
私はカフーの代役として考えていたが、カフー以上の働きだった。
今まで、カフーがいない時のミランの右サイドは死んでいたが、久しぶりにサイド攻撃が効いていて楽しめた。
しかし対象的に、左サイドのヤンクロフスキの攻撃参加が少なかった。
恐らく、オッドへの配慮だったのだと思う。
オッドに思う存分攻撃参加させようとしたのだろう。
実際に、後半は左右のバランスは良くなっていた。

そして、サイド攻撃に活気が出たことにより、中央のスペースが増えていた。
そのため、ピルロの動きが良かった。
非常に嬉しいことである。
だが、カカの調子が良くなかった。
これは復調を願うことしかできないだろう。

FWについて。
やっぱりジラルディーノの1トップが現状のベストだと感じた。
前半途中にブロッキがインザーギと交代してから前線に手詰まり感が出ていた。
もはや、ジラピッポがなくなるならロナウドは大歓迎だ。

そして、得点のシーンは私が好むパターン。
ボールを奪ってすぐに前線にボールを渡すかドリブルして、そのままゴールというパターン。
いわゆるカウンター。
バルセロナのように何度もパスを渡しながらゴールの方が面白いかもしれませんが、私は高速カウンターの方が好きです。


この試合にはミランらしさが戻ってきているような気がしました。
その要因はオッドにあったと思います。
補強が上手くいってるというのは嬉しいです。
さて、ロナウドはどうなるのだろうか・・・?

さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 23:27 | Comment(39) | TrackBack(0) | ACミラン

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。