2006年11月13日

セリエA 第11節 ミランvsローマ

ーーー試合結果ーーー
 ミラン 1-2 ローマ
くゴール>
前半7分  トッティ(ロ)
後半11分 ブロッキ(ミ)
後半38分 トッティ(ロ)


・・・予想通り。
正直、最初からローマに勝てるとは思っていなかったので、アタランタ戦の敗戦に比べればショツクは少ないです・・・
ただローマ相手に予想以上に奮闘してくれたと思う。


それでは、試合の感想へ

◆スタメンについて
まず、ジーダがスタメンに入っているのを見て安心。(ジーダは怪我で、ローマ戦の出場が危ぶまれていた)
そして、2トップがジラルディーノ&インザーギではなく、ジラルディーノ&オリベイラであることに安心。(できればインザーギがスタメンの方が良かったと思いますが)

しかし、そこでカフーの位置にシミッチがいることに気付き、猛烈な不安が私を襲う。(不安は的中)


◆失点の件
トッティはさすがでしたね。
トッティが決めた先制点は、確実にジラルディーノだったら決められなかったでしょう。
ナイスボレーでした。


◆ブロッキの件
正直、ここ最近のブロッキのプレーは期待を遥かに上回っています。
唯一、ローマ戦で嬉しかったのが、ガットゥーゾの代わりとして出場したブロッキの奮闘でした。
あのミドルは感激できるゴールでしたね。


◆アンチェロッティの采配の件
交代
ジラルディーノ→インザーギ
オリベイラ→ボリエッロ

ジラルディーノをインザーギに代えたのには納得できる。
ボリエッロはこの試合では全く使い物にならなかったが、先日のコパ・イタリアでドッピエッタ(2得点)を達成している選手を起用するのはしょうがないと考えて、とりあえず納得。

だが、なぜ2人?
カフー出せよ!!!
36歳にアップだけさせといて、試合終了は無いだろ。
っていうか、シミッチを変えて下さい。

◆はい、それではシミッチの件
シミッチには、DFとして大事な物が欠けている。
それは、安定感。
良いときのシミッチは本当に貴重な戦力となるんですけどね。。。
カラーゼが負傷して大変なときにシミッチって人は・・・


でも、一番悲しいのはカカが後半はほとんど消えていたこと・・・





さらに、詳しい情報は人気blogランキングへ

世界のサッカーを観戦したい方⇒スカパー!おまかせ0円プラン

posted by arbore at 00:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | ACミラン
この記事へのコメント
お引っ越し、おめでとう♪
ミラン負けちゃったのね。
最近、セリエAに疎くなってしまってるんですが・・・今、ローマが好調なのかしら?

来週またチャンピオンズリーグですね〜
Posted by izumi at 2006年11月13日 21:34
>izumiさん
ミランは3連敗です・・・
これは9シーズン振りです。
そして、ローマにホームで負けたのは、19シーズン振りみたいです。
ただ、ローマはインテル、パレルモと優勝を争ってるチームだったので、勝てるとは元々思ってなかったです。
ローマのサッカーには、敵ながらあっぱれでした。
Posted by arbore at 2006年11月13日 23:23
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。